♪心に残ったドラマ 旅日記などアジュンマ(オバサン)の独り言♪                                                                           【マウスでお月様が動きますよ^^↑】                                             
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
のだめカンタービレ・・・ラフマニノフ
2007-01-03 Wed 03:05

 
 
放送・・・フジテレビ (2006 10月-12月)
 作者・・・二ノ宮知子コミックのドラマ化 
 主演・・・のだめ役(上野樹里)  千秋役(玉木 宏)                     
 公式ホームぺージ  
 http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/index.html

 それにしても、まるで図面から建物が完成するような
 
出来栄えでした。
 少々ドタバタ感はありますが、コミックのドラマ化なので
 
仕方ないとして、とにかく演奏者たちの曲が美しいのです。
 コミックにこんなに忠実に、そしてコミックよりも 
 実際に曲が流れる分
倍の感激がありました。
 最終回のコンサートは、千秋がオーケストラを指揮する
 感動の場面で、実際にサントリーホールで観客エキストラを
 募集しての収録です。
 近ければ、私も絶対参加していました。

 最終回も感動でしたが、ドラマの中で演奏されるクラシックの曲が
 (選曲が)すべて良いのです。
 その中でも、特に「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番 第一楽章」
 【場面】
 千秋のピアノとシュトレーゼマンの指揮で、最初で最後の
 師弟共演で演奏された曲・・・
 もう、ドラマとは思えぬほど引き込まれました。
 【場面】
 その演奏を聴いた“のだめ”が、千秋とこの曲を
 ピアノで連弾するところ・・・
 初めて聴いたオーケストラの部分のピアノ。これは感激でした。

 この「ラフマニノフのピアノ協奏曲」・・・
 私が二十歳の頃、レコードが擦り切れるくらい聴いた
 思い出の曲です。
 そして古~~~いところでは、映画「あいびき」で
 全編に渡って流れていましたね。

 このドラマを観るとギターも弾きたくなるし、
 50歳から始めるピアノ教室に行こうかと思うし(笑)
 ボーイングで挫折したヴァイオリンを、又やってみようかなと
 楽器を出してみたり・・・
 とにかく、久々にとても良いドラマに出会えたと思います。

 

ランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、クリックしてもらえると嬉しいです

人気ブログランキングへ
   にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へにほんブログ村  

 

スポンサーサイト
別窓 | 【日ドラ】 のだめカンタービレ | コメント:2 | トラックバック:0
| ものぐさアジュンマの独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。